ファンデーション ブラシ

ファンデーションブラシのお手入れ・洗い方

ミネラルファンデーションを使っている方にとって、ファンデーションブラシは毎日のメイクに欠かせないアイテムですよね。

 

毎日使うものですから、当然汚れてくるのでお手入れが必要です。

 

そこで、基本的な洗い方をメインに、私が普段使っているファンデーションブラシのお手入れ方法と併せてご紹介したいと思います。

 

 

基本的な洗浄方法

 

ファンデーションブラシに付着したミネラルファンデーションや皮脂汚れを洗浄するのに最適なのは、専用の「ブラシクレンザー」を使ったお手入れです。

 

◆洗浄方法
・ファンデーションブラシの毛先に水を含ませて適度に濡らします。
・ブラシクレンザーをブラシの毛先に適量付けて、優しく毛先を揉んで汚れを浮き上がらせます。
・ある程度汚れが浮き上がってきたら、水で洗い流します。
・指でやさしく毛先を絞って水気を取り、さらにタオルなどで水分を拭き取ります。
・摩擦を与えないように櫛でブラッシングして、ブラシが広がらないように成形するのが良いでしょう。
・室内、又は日陰で自然乾燥させます。

 

 

私自身のファンデーションブラシのお手入れ方法

 

最近メインに使用しているのは「エトヴォス」のミネラルファンデーションなので、こちらのファンデーションブラシのお手入れをしてみたいと思います。

 

 

エトヴォスブラシの使用後
2週間使うとこのくらい汚れます。

 

 

用意するもの

ぬるま湯 200mL
中性洗剤 20mL

 

ぬるま湯

 

中性洗剤としては洗濯洗剤を使用しています。
抗菌作用がある洗剤なので殺菌のために良いと思いますし、計量のメモリがあるので分量が計りやすくて、ブラシのお手入れにピッタリです。

 

 

お手入れの手順

 

まずは、中性洗剤をぬるま湯に溶かします。

 

洗剤をぬるま湯に入れる

 

洗剤はお湯の温度で自然に溶けるので、かき混ぜなくても大丈夫です。

 

そして、ブラシの毛の部分を振り洗いします。
なるべくブラシの根元まではぬるま湯に浸けないようにして、ファンデーションが馴染んでしまって汚れている部分だけを意識して洗います。

 

ブラシを振り洗い

 

汚れが落ちたら新しいお湯に換えて、洗浄剤と汚れをすすぎます。
洗浄剤の泡が立たなくなってお湯が濁らなくなるまですすいだら、軽く絞ります。
この後にタオルで水気を十分に拭き取るので、あまりギュッと強く絞らないようにしましょう。

 

手で絞る時も、タオルで拭き取る時も、毛が抜けたり、形が崩れたりしてしまうので、力の加減に気を付けてください。

 

 

もう一つのお手入れ方法

 

普段は上記で紹介したような洗浄方法でお手入れしているのですが、別の方法でお手入れする場合もありますのでご紹介したいと思います。

 

「オンリーミネラル」のファンデーションブラシですが、ブラシの性質のせいなのか、しばらく使っているとファンデーションのパウダーが残りやすくなって、しかも、ブラシの毛先が広がってきてメイクがしにくくなってしまいます。

 

オンリーミネラルのブラシ使用後

 

そこで、「オンリーミネラル」のブラシの場合は、天然オイルを配合している洗顔料をホイップ状に泡立てたものに浸け置きして洗浄するようにしています。

 

ポイップ泡での洗い方

 

天然オイルがしっかりと汚れを浮き上がらせてくれて、ブラシの広がりもなくなるんですよ〜。

 

お手入れの手順としては、大体30分くらい洗顔料を馴染ませたあとで、中性洗剤の時と同様に、泡や汚れでお湯が濁らなくなるまですすいだら、タオルで水気を十分に拭き取ります。

 

ちなみに、水分がしっかりと取れているのかを確認することと、成形するための最後の仕上げとして、ティッシュで軽く押さえるのも良い方法です。

 

ティッシュで水分をオフ

 

2日もするとすっかり乾いて、汚れもきれいに落ちていますし、毛先もしっとりとして新品のように蘇ります。

 

毛の広がりもなくなりました

 

他にも、「レイチェルワイン」のブラシもこちらの方法でお手入れをしています。

 

このように、ファンデーションが残りやすくて、ブラシの毛先も広がってきてしまうからです。

 

レイチェルワインのブラシ使用後

 

お手入れすると、すっかりきれいになって、毛先もまとまります。

 

レイチェルワインのブラシ洗った後

 

 

 

お手入れで気を付けること

 

毎日洗うことができれば清潔に保つのに最適ですが、ブラシの傷みが気になりますので、最低でも1ヶ月に1回くらいの頻度で洗うのがおすすめです。

 

ファンデーションの汚れだけではなくて皮脂も付着するものなので、雑菌の繁殖を予防するためにも衛生的にしておくのが良いでしょう。
バイ菌が増殖したブラシを使うことは肌に良くないですからね。

 

私自身は普段、2週間に1回はこまめに洗うようにしています。
夏場のような汗をかく時期は1週間に1回くらいのペースになります。
けっこう早いペースでお手入れしているので衛生面には自信がありますが、頻繁に洗うことで気になるのがブラシの毛質の劣化です。

 

私が愛用しているミネラルファンデーションのブラシはタクロン製やナイロン製なのですが、とにかく熱に弱いです。
だから、ドライヤーを使わずに乾かすことにしています。
『すぐに乾くからいいなぁ。』と思ってドライヤーを使っている時もありましたが、熱を加えてしまうと、どうしても毛先が広がってしまいますし、コシがなくなってバサバサになってしまいます。

 

人工毛を使ったファンデーションブラシはコシのある毛質が魅力なので、頻繁に洗う方は洗浄後の乾かし方も重要です。
基本的にはタオルドライでしっかりと水分を取り除いて、ブラシの毛の部分がどこかに触れないように固定して通気性の良い状態で置いておくのが良いでしょう。

 

私は、「エトヴォス」と「オンリーミネラル」は洗浄する時に使ったカップに立てかけて置いていますし、「レイチェルワイン」はそのままの状態で立てて置いておきます。

 

乾燥させている状態
↑こんな感じです。

 

水分が残ったままケースやポーチにしまったり、タオルでくるんだままにしたりするとカビが生えるので、通気性を良くしておくことが大切です。

 

あと、毛が長いブラシは洗う度にきちんと成形してあげないと必ず広がります。
乾かす前に櫛でブラッシングするのがおすすめです。

管理人が本当にオススメするミネラルファンデーションランキング

ランキング