ミネラルファンデの不使用成分

「○○不使用」の表示でよく見かける成分について

少しでも肌に負担が少なくて低刺激のミネラルファンデーションを選びたいと考えた時に気になるのが成分表示です。
ミネラル成分は何種類入っているのかとか、どのような成分を使用しているのかとか、購入する際にチェックしている方も多いことでしょう。

 

 

何種類ものミネラルファンデーションを比較してみると、成分に関する「○○不使用」という表示を頻繁に目にすることに気が付きました。
どのメーカーでも似たような成分について「○○不使用」と表示していることが多いので、代表的な成分の特徴について調べてみました。

 

「○○不使用」でよく見かける代表的な成分の特徴

 

 

ポリマー
ポリマーはコーティング効果があり、ツルツルとした肌触りになる特徴があります。
仕上がりが良いというメリットはあるものの、肌トラブルにつながるデメリットもあります。

 

ポリマーは皮膚上の水分を吸収して即座に感触を良くしてくれますが、水分が蒸散してしまうと皮脂腺にピタッと張り付いて皮脂の分泌を妨げます。

 

その結果、皮脂をエサにしてお肌を守っている皮膚の常在菌が減少してしまうので、雑菌が繁殖しやすくなります。
カビやアクネ菌といった雑菌や増えてしまうと、吹出物やニキビなどの肌荒れを引き起こす可能性が高まります。

 

ポリマー不使用であることはお肌を守ってくれる常在菌を一定量保持することにつながり、雑菌に感染する可能性も低くなり、肌トラブルも起こりにくいと言えるのではないでしょうか。

 

 

合成界面活性剤
合成界面活性剤は、本来は混ざりにくい水分と油分を混ざりやすくする特徴があります。
リキッドファンデーションは水分と油分から構成されていますので、合成界面活性剤を使用しているケースが多数です。

 

不使用成分

合成界面活性剤を使っているファンデーションは水分と油分が分離しにくいというメリットがあります。
しかし、皮膚のバリア機能を弱めてしまう可能性を秘めています。

 

皮膚のバリア機能が弱まると、ちょっとした刺激でも肌荒れになりやすくなりますし、乾燥肌になる傾向も見られます。

 

しかも、合成界面活性剤が何種類も入っている場合には、相乗効果によって皮脂が溶けたり、タンパク質が変性してしまったりする恐れがあります。
その結果として、小じわやシミの増加につながります。
ですから、できるだけ合成界面活性剤入りのファンデーションを避けた方が良いと言えるでしょう。

 

 

シリコン
シリコンは皮脂や汗を弾くので、メイクを崩れにくくする特徴があります。
ウォータープルーフ製品であれば、そのほとんどにシリコンが使用されているのではないでしょうか。

 

シリコン自体に刺激性があるということではありませんが、肌への影響がないかというとそうではありません。

 

クレンジング

シリコンは石けんなどの洗浄剤では落ちにくく、しかも、クレンジングオイルでも完全に落すことができないと言われています。

 

洗浄成分にも油分にも馴染みにくい性質を持っているため、メイクオフしてもお肌に汚れとして残ってしまいがちなのです。
毎日汚れを積み重ねていけば、当然お肌の負担となってしまうことは言うまでもありませんよね。

 

崩れにくいファンデーションは魅力的ですが、健康なお肌を維持するためにはシリコンは避けた方が良い成分と言えるでしょう。

 

 

アルコール
アルコールは使用感をさっぱりとさせるという特徴があります。
ファンデーションの場合、皮脂が出やすくて油分が多くテカリやすいという方には、アルコールが配合されていることは大きなメリットとなります。

 

しかし、アルコールはお肌の水分を奪ってしまうので、日常的に使用することで乾燥しやすくなる可能性があります。
また、アルコールに対するアレルギーを持っている方も多いので、赤みやかゆみなどの症状を起こす引き金になることもあります。

 

肌質が乾燥傾向にある方や敏感肌の方は、ノンアルコール、もしくは、アルコールフリーの表示があるファンデーションであれば、乾燥やアレルギーの心配をする必要がありません。

 

 

防腐剤

 

リキッドファンデーションのように、水分と油分で構成されているメイク製品は、毎日のメイクの際に皮脂や汚れが触れることによって微生物や雑菌が繁殖しやすい性質を持っています。
ですから、防腐剤を配合して傷みにくくしているケースが多いです。
長期保存が可能であるというメリットがあるので、数ヶ月使い続けるファンデーションに果たす役割は大きいと言えます。

 

パウダーファンデーション

しかし、皮膚のタンパク質と過剰に反応してしまう防腐剤の種類もあり、皮膚のバリア機能の低下につながります。
皮膚のバリア機能の低下は肌荒れを引き起こしますし、刺激を感じやすい肌になりやすくなります。
ですから、防腐剤を使っていなくても十分な防腐力を持つ製品を選ぶことをおすすめします。

 

 

そこで、微生物や雑菌の繁殖の温床となる水分や油分の配合されていない、パウダータイプのミネラルファンデーションを選ぶのが得策なのです。

 

おそらく、防腐剤不使用の表示があるものは、それなりの防腐力を備えているはずですので、毎日のメイクに使う分には問題ないと思います。

 

 

合成着色料

 

ファンデーションに色を付けるために、顔料やタール系の色素が使用されることがあります。
特に注意が必要なのは、石油から合成されるタール系色素の影響です。

 

発色が鮮やかであるというメリットはあるものの、人によっては色素沈着やかぶれなどの皮膚炎を起こしてしまう可能性があります。

 

赤色○号、黄色○号、青色○号などの表示がタール系色素に当たりますので、成分表示に気を配る必要があります。

 

そこで、合成着色料不使用で、着色料が天然原料のミネラルファンデーションをおすすめしたいのです。
ミネラルファンデーションは酸化鉄やグンジョウなどの天然ミネラルで色を付けていますので、肌への影響を心配する必要がありません。

 

発色も自然な色合いですので、メイクの仕上がりにもそれほど影響はないでしょう。
肌への負担軽減を考えると、ミネラル成分で着色しているものの方が安心して毎日使うことができると思います。

 

 

管理人が本当にオススメするミネラルファンデーションランキング

ランキング