標準色 比較

各メーカーの標準色比較

私が試したことがある【エトヴォス・オンリーミネラル・レイチェルワイン・MMUPROJ・ヴァントルテ】の標準色を比較してみました。

 

各メーカーの標準色・人気色の色比べ

 

 

それぞれのブランドが標準色としているのは、以下のようなものです。

 

・エトヴォス→35番と40番
・オンリーミネラル→7番と8番(オークル)
・レイチェルワイン→ヌーディとベージュ
・MMUPROJ→No.30(明るいイエローオークル)
・ヴァントルテ→ライトベージュ

 

 

エトヴォス

 

エトヴォスは、ピンク系とイエロー系に区別していて4段階の明るさに色分けされていますので、標準色はピンクでも黄色でもなく、明るさも中間といった感じです。
標準色としては明るめの35番と、ベーシックな40番があります。

 

エトヴォスの色見表

 

 

エトヴォスは国産のブランドですので、黄色味かかった日本人の標準色としては、40番が最もしっくりくるのだと思います。
ただし、一番人気があるのは明るめの標準色の35番です。

 

私は地肌がピンク系で色白ですので、標準色だと濃く発色してしまいます。
ですから、実際に試してみたのは20番(ピンク系明るめの肌色)です。

 

私が試したエトヴォスの20番

 

 

標準色に比べると白さがありますよね。

 

 

 

オンリーミネラル

 

オンリーミネラルは、ピンク系・オークル系・イエローオークル系に区別していて、肌の明るさが【色白/標準的/健康的/日焼けした】の4段階に色分けされています。

 

オンリーミネラルの色見表

 

赤みと黄みのバランスのとれたベージュが標準色です。
番号で言うと、7番と8番です。

 

私が試したオンリーミネラルの17番

 

 

私は17番を選びました。
肌の明るさとしては色白向けで、ピンクオークル系のものです。
標準色に比べるとピンクっぽい感じの色味です。

 

 

 

レイチェルワイン

 

レイチェルワインは、ピンク系とイエロー系に区別していて、肌の明るさが【明るめ/中間/日本人の標準/健康的】に色分けされています。

 

レイチェルワインの色見表

 

標準色としては、ヌーディとベージュが当てはまるでしょう。

 

 

私はピンク系で明るめのナチュラルを選びました。

 

レイチェルワインの標準色

 

標準色と比べると、黄色味が薄くピンクっぽい色味です。

 

 

MMUPROJ

 

フルフリフリフラのMMUPROJは、基本的にはすべてベースがオークルです。

 

MMUPROJの色見表

 

・No.10→明るいピンクオークル
・No.20→明るいオークル
・No.30→明るいイエローオークル
・No.40→健康的なピンクオークル
・No.50→健康的なオークル

 

ピンク系→イエロー系→健康的の順番で、色白から健康肌の色まで対応しています。

 

 

MMUPROJの30番

 

こちらは、No.30(明るいイエローオークル)です。
黄色が強いオークルで、日本人の肌色の標準色として一番しっくりくる色味だと思います。

 

 

 

ヴァントルテ

 

ヴァントルテは、【色白向けの明るめ/標準/イエロー系の標準/暗め】というシンプルな色展開です。

 

ヴァントルテの色見表

 

・ハイライトベージュ(明るめ)
・ライトベージュ(標準)
・ライトイエローベージュ(標準のイエロー系)
・ナチュラル(暗め)

 

 

ヴァントルテのライトベージュ

 

こちらは、標準色のライトベージュです。
あえて言うならば、わりと白さが強いと思います。

 

 

 

標準色の特徴 まとめ

 

ほとんどのブランドではピンク系とイエロー系に分けています。
日本人は黄色がベースである場合が多いので、わりと黄色よりの色味を標準色としている傾向にあります。
色白でもなく色黒でもなく、赤みと黄色みのバランスが良い色味というのが、最も理想的な標準色といった感じでしょうか。

 

色選びは大切なポイントになりますので、各ブランドの標準色を比較しながら、ご自身の肌色にピッタリくる色展開のものを探してみると良いでしょう。

 

管理人が本当にオススメするミネラルファンデーションランキング

ランキング