ミネラルファンデーション そばかす

ミネラルファンデでそばかすを隠す

『ミネラルファンデーションでそばかすを隠す事が出来るのか?』

 

これって、ミネラルファンデユーザーの結構多い疑問なんです。
そばかすってシミに比べると一つ一つは目立たないものの、意外と悩んでいる方が多いんですよね。

 

茶色くて細かい点々としたものが散らばって斑点のように見えてしまうので、メイクの時にはカバー力のあるファンデーションできれいに隠したいものですよね。

 

そこで、ミネラルファンデーションを、「タイプ別」「カラー別」に分けて、そばかすに対するカバー力を比較してみました。

 

 

パウダーファンデーションとリキッドファンデーションで比較

 

「ヴァントルテ」のミネラルファンデーションのパウダータイプリキッドタイプを使って検証してみました。

 

 

「ヴァントルテ」のファンデーションは、繰り返すニキビ痕を隠すのに最適で、ニキビ肌の方に人気があります。
ニキビは同じ部分に繰り返したり、色々な部分にできたりするので、そばかすと似たような状態になることもありますよね。

 

だから、ニキビ痕のカバーにおすすめということは、そばかすのカバーにもいいのではないかと思って選んでみたということなのです。

 

こちらはパウダーファンデーション(色はハイライトベージュ)です。

 

ヴァントルテのパウダーファンデ

 

 

こちらはリキッドファンデーション(色はハイライトベージュ)です。

 

ヴァントルテのリキッドファンデーション

 

 

それぞれのタイプのファンデーションの特徴

 

パウダーとリキッド

 

パウダーファンデーション

 

〇 シルク独特の透明感がある。
〇 フィット感に優れていてカバー力は十分にある。

 

 

リキッドファンデーション

 

〇 微粒子パウダーが作る透明感とツヤ感のバランスが絶妙。
〇 ムースのようなつけ心地で、毛穴やシミ、くすみに対してオールマイティなカバー力がある。

 

私が実際に使ってみた印象としてはこんな感じです。

 

それでは、カバー力の比較をしてみたいと思います。

 

画像左側の手首の部分には、そばかすに見立てて、油性のペンで点々を描いています。

 

そばかすにミネラルファンデを塗ってみる

 

パウダーファンデーションは随分と薄っすらした感じにカバーできていますね。
本来のそばかすはここまで黒くてハッキリとしていないと思いますので、もっと薄っすらと見えるのではないかと思います。

 

そして、リキッドファンデーションはほぼ見えないくらいにしっかりとカバーできていますね。
実際のそばかすであれば十分に隠せるような気がします。

 

ある程度目立たないくらいにできれば良いということであればパウダーファンデーションでも十分だと思いますし、できるだけ目立たなくしたいということであればリキッドファンデーションがおすすめだと思います。

 

「ヴァントルテ」のミネラルファンデーションは、そばかすに対するスペックがかなり高いと言っても良いと思います。

 

 

カラー別で比較

 

続きまして、今度はカラー別で検証しています。
同じく「ヴァントルテ」のミネラルファンデーションを使っていますが、「ハイライトベージュ」「ライトベージュ」で比較しています。

 

カラー別のリキッドファンデ

 

先ほど同様に、画像左側の手首の部分には、そばかすに見立てて、油性のペンで点々を描いています。

 

「ライトベージュ」は白さが強いので、黒っぽい色を上手くカバーできていて、そばかすはほとんど目立たなくなっています。

 

ライトベージュをそばかすに塗ってみる

 

一方、「ハイライトベージュ」は赤みが強いので、黒っぽい色に対してのカバー力はそれほどありませんね。
そばかすもあまり隠せていません。
ただし、本来のそばかすは茶色っぽいので、もう少し目立たなくなるとは思います。

 

カラー別で比較してみてわかったことは、より白さの強い色のファンデーションの方がそばかすを目立たなくできるということです。
ですから、普段選んでいる色よりもワントーン明るめのカラーを選んでみると、そばかすに対するカバー力をアップすることができるのではないでしょうか。

 

 

仕上げパウダーを使ってみるとどうなるか

 

テカリやくすみ防止に役立つアイテムとして「仕上げパウダー」がありますが、そばかすのカバーにも使えるかもしれないと思ったので検証してみます。

 

「レイチェルワイン」のミネラルファンデーションと仕上げパウダーを使って、ファンデのみと仕上げパウダーありの状態を比較してみました。

 

レイチェルワインの仕上げパウダー

 

繰り返しになりますが(笑)画像左側の手首の部分には、そばかすに見立てて、油性のペンで点々を描いています。

 

レイチェルワインのパウダーを塗ってみる

 

ファンデーションのみでも十分にそばかすをカバーできていますが、仕上げパウダーを重ね塗りすることでカバー力がアップしています。
ほとんどそばかすが見えなくなっていますね。

 

レイチェルワインの仕上げパウダーは、ファンデーションの仕上がりにツヤ感をプラスできるハイライトとしても使えます。
くすみがちで肌が暗く見えている方の肌色のトーンを明るく見せたり、赤みがあってばらつきがちな肌色のトーンを均一に見せてくれたりする優秀なアイテムなんですよ。

 

今回はそばかすで試してみましたが、ファンデーションのみの時よりもカバー力はアップしますし、肌色のトーンも明るくて均一に見えていますよね。
画像ではやや白っぽく見えていますが、そばかすがある部分は比較的肌のトーンが暗めだと思いますので、ちょうど良い色合いになるのではないかと思います。

 

そばかす自体の茶色っぽさが強いとか、そばかすがたくさんあって肌の色がくすんで見えている方は、レイチェルワインの仕上げパウダーを使ってみてはいかがでしょうか。

 

管理人が本当にオススメするミネラルファンデーションランキング

ランキング