無添加 定義

ミネラルファンデーションの定義

ミネラルファンデーションは今、国産ブランドや海外ブランドがこぞって商品化していますが、「ミネラルファンデーションの定義」から外れたものを「ミネラルファンデーション」として発売しているブランドも少なくありません。

 

厳しく定められた基準があるというわけではありませんが、ミネラルファンデーションの定義は、

「マイカなどの天然由来成分の鉱物(ミネラル)が多く含まれ、タール色素や防腐剤などが一切含まれてないオイルフリーのファンデーション」

となっています。

 

タール色素というのは、石油タールから抽出された着色料のことで、現在、ほとんどの化粧品にタール色素は使われています。

 

しかし、このタール色素を使用した化粧品は、長年の使用で皮膚の皮膚の健康に害を及ぼすなどの危険性もあるという説もあるため、最近ではタール色素の入っていない化粧品を買い求める人も少なくありません。

 

防腐剤は、読んで字のごとく化粧品が短期間で腐ってしまうのを防ぐために入れられているものです。これも、一般的な化粧品にはだいたい入っています。
もちろん、化粧水などのスキンケア製品に至るまでです。

 

防腐剤で有名なものは「パラベン」です。また「フェノキシエタノール」も有名です。
恐らくお使いの基礎化粧品やシャンプーに至るまでほとんどの製品に入っています。
要は普段から私たちはこの防腐剤を皮膚に塗ったりしているんですね。

 

容器の裏に原料を表示している

でも、ミネラルファンデーションはこの防腐剤を一切使用していません。こちらのように容器の裏に原材料を表示してある事がほとんどですが、防腐剤は一切入っていません。

なぜ使用しなくていいのかというと、「腐らないから」なんです。

 

「天然の鉱物だけを使用して作られているものなので、腐らない」んです。

 

 

 

また、防腐剤だけではありません。
石油系オイルなども入っています。

 

こういったケミカルな成分を徹底的に取り除き、天然由来成分のミネラルを多数含み、肌にとても優しいファンデーションであることが、ミネラルファンデーションの定義と言えるのです。

 

この定義に反しケミカルな成分を含んでいながら「ミネラルファンデーション」と謳って発売しているブランドもありますので、定義通りのミネラルファンデーションが欲しいと思う人は、成分などをよく注意しながら見て、自分の気に入ったミネラルファンデーションを探してみて下さい。

 

管理人が本当にオススメするミネラルファンデーションランキング

ランキング